神経を取ってしまった歯は変色する?もろくなる?

歯の治療をするときに、一番気になるのは、その歯を生かしたまま治療をできるかどうか、そして生かしたままにしておいた方が本当にいいのかどうかです。

歯の表面が虫歯になっているくらいの程度の軽い虫歯だったら、その部分を削ればOKなので、特に歯を生かすとか生かさないとかいう問題はあがってこないと思います。

ですが、虫歯が進行してしまっている場合というのは、歯医者さんによっても対応が分かれるところ。

最近では、虫歯がひどくなっても神経は取らずに残しておいて(つまり、歯が生きている状態にしておいて)、その上でできる限りのことをするという歯医者さんが多いような気がします。

患者側としては、この状態になるととにかく何でもいいから痛みを止めてほしいというのが本音だったりします。神経にさわるレベルまで虫歯が進行しているわけですから、神経を取ってしまうのが一番手っ取り早いと思ってしまうんですよね。

でも、歯医者さんの中には別の考えを持つ先生も多いようです。

歯の神経を取ってしまうと、その歯は死んでしまうので、変色してしまう可能性があったり、歯自体がもろくなってしまうというのが理由のようです。

でも、そうなると、治療方法としては神経に触らないように上手にかぶせものをしてしのぐしかないわけですが、特に私のようにかみ合わせが悪く、集中すると歯を食いしばる癖があるような人間の場合、いくら上からかぶせものをしてガードしたとしても、結局痛みは治まらないというのが毎度のことなんです。

なので、この「神経取って痛みを消してほしい」私と「できるだけ歯を生かしておきたい」歯医者さんとの攻防になるんですよね(笑)

歯の神経を取ってしまうことのリスクは承知したうえで、それでも「痛み」と「もしかしたら歯自体が取れてしまうかもしれない」というリスクを天秤にかけて、その上で「神経取ってほしい!」と切実に叫んでいることに気づいてほしいな~なんて思ったりします(笑)

あるときお世話になった歯医者さんは、そういう意味ではとても患者の気持ちを分かってくれる先生でした。もちろん神経を取るリスクを説明されましたが、ただ、今この痛さをなくしたいんだよね、このまま神経残しておいたら、ずっと痛いままだもんね、つらいよね、と親身になって話を聞いてくれて、その上で神経を取ってくれました。

しかも、私の歯の神経部分が先端部分が変形?していて、なかなか取りにくい状況だったらしいんですが、それでもきれいに取ってくれて、それ以降さんざん悩まされた歯の痛みから解放されました。

それから5年くらいたつのですが、いまだにその歯は健在です。神経がなくなっても、特に変色もせずに頑張ってくれています。

その歯医者さんには、定期健診も含めて虫歯がなくても半年に1回は通っています。痛みを解決してくれたので、信頼してるんですよね(笑)

そして、毎回歯の検診とクリーニングをしてすっきりして帰るのです!
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>自宅で簡単にホワイトニング!安いけど効果が高い通販アイテムは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です