いい歯医者さん、イマイチな歯医者さんの違いとは?

昔は、歯医者さんなんてどこへ行ってもそんなに変わらないだろうと思っていたのですが、最近、ものすごく腕の良し悪しが出やすいんじゃないかと思うようになりました。

もちろん、私が分かる範囲の「良し悪し」なんて、本当にそうなのかとつっこまれたらごめんなさいなんですが(笑)、逆に言えば、患者から見て(腕が)いい歯医者さん・そうでもない歯医者さんという基準で見たときの「良し悪し」というのは、ある意味で素人目な分信ぴょう性もあると思うんです。

いくら剛腕の先生と言っても、患者の気持ちを汲まずに気持ち的に残念な結果に施術が終わってしまったら、その先生は患者にとって「あまりよくない」先生となってしまうと思うんです。

私個人的には、いくつかいい先生のポイントというのがあるんですが、なによりも一番大きいのは「治療の前に患者の話をちゃんと聞いてくれる」「これはやってほしくない、ということを最初に確認してくれる」ということです。

とにかく歯を見て勝手に処置を進められてしまうと、「ちょっと待って!」と言いたくなってしまうんですよね(笑)

特に、虫歯があるときというのは、当然ながら歯が痛いわけじゃないですか。その歯の痛みをどうにか抑えてほしいというすがるような思いで歯医者さんに来ているわけです。

そんなときに、痛いことを平気でしてくる先生は、個人的にはとっても不信感がつのってしまいます。完全にこちらの意見を無視して治療を進めるわけではなくても、口では「痛かったら左手挙げてくださいね~」とか言いながら、実際に痛くて左手を上げると「もう少しだから我慢してね~」なんて言って治療を続ける先生もいますよね(笑) 結局私の痛みなんて気にしていないでしょ、早く治療を終わらせることしか考えていないでしょ、なんて思ってしまいます。

また、やたらと保険外の治療を勧めてくる先生もちょっと信用できません。もちろん、こちらの希望を完全に満たすためには保険適用の範囲内では無理と言う場合ならそれも当然かとは思うのですが、まず開口一番「これが一番見た目がいいですよ、保険適用外にはなりますけど」みたいに言ってこられると、かなり萎えてしまいます。

また、もちろん技術的な差というのもありますよね。ミニマムの治療で治してくれるというのが、腕の立つ歯医者さんだと思うんです。必要以上にあちこち削りまくって痛い思いをさせられたこともありますからね(笑)

ただ、歯医者さんて口コミとか見ても分からない部分てありますよね。なので、私はまず一度通う。それでもし「ここは無理…!」と思ったら、歯医者さんを変えちゃうんです。初診料はまたかかってしまいますが、それでも「ここはちょっと信用できないな」と思いながら通い続けるよりは全然いいです。

自分に合う歯医者さんを見つけたら、その先生がいる限りはそこに通うというのが得策かもしれませんね。おすすめサイト>>>>>通販で買えるホワイトニングのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です